浮気調査は夫婦でなくてもできる?

■恋人の浮気調査も可能なのか

浮気調査というと、近年ではいわゆる婚姻している男女における不倫関係の調査が一般的で、離婚における慰謝料請求のために行うイメージが根強くなっています。
特に最近は芸能人における不倫問題が社会的に大きな問題を投げかける場合や批判を浴びるケースが目立ってきた影響で、もしかしたら、うちの夫もとか、うちの妻もとご夫婦の一方からの浮気調査依頼が増えてきました。
もっとも、探偵社では離婚による財産分与の問題や親権の争いはなくても、恋人同士や内縁関係のご夫婦の一方からのご相談も承っております。

■恋人同士でも金銭問題が発生することも

浮気しているなら別れたいというケースをはじめ、場合によっては婚姻関係になくても慰謝料請求ができる可能性もあります。
たとえば、すでに結納を取り交わしているケースやプロポーズをされたなど婚約しているか、それに準じた状態にあるにもかかわらず、裏切られたケースです。
ご夫婦であれば、子どもがいるからとか、長年寄り添ってきたのだからと一度の浮気ならと、一方が反省して、一方が許せば、離婚せずに夫婦関係が修復されることは少なくありません。
一方、婚約しておきながら浮気されたとなれば、通常はショックも大きく、将来的にも浮気の懸念が拭い去れないため、婚約解消となるのが一般的です。
結納金を交わしていれば返金を請求し、精神的な苦しみを与えられたとして慰謝料請求をすることも可能です。
また、結婚式場などの予約をしていた場合にはキャンセルを行い、時期によっては高額のキャンセル費用が発生する場合もあります。
また、招待状の印刷代をはじめ、すでに発送してしまった場合には中止になった旨を再度連絡するための費用などもかかってきます。
こうした費用は相手の浮気によって発生したものなので、浮気した婚約者に全て払ってもらうべきものです。

■浮気調査がおすすめ

婚約者本人が浮気を認め、謝罪をして、婚約解消などに応じたとしても、費用の面を全額負担してくれるとは限りません。
相手の親が出てきて、「うちの子どもが浮気なんてするはずがない。」「そちらに問題があるのでは。」と結納金の返金拒否やキャンセル費用の折半などを要求してくるケースがあるためです。
浮気の事実を証明し、全額の費用負担や慰謝料を受け取るためにも、浮気調査をして浮気現場の写真を提示するなどすることが有効です。
恋人や婚約者が浮気しているかもと不安になったときには、どうぞご相談ください。