妻の浮気調査を探偵事務所に依頼したほうが良い理由とは

■決定的な証拠を掴むため

妻が浮気をしているかもしれないと感じたとき、夫が受けるダメージは計り知れないものがあるでしょう。
しかし現実には仕事に忙しいために夫に構ってもらえないことで、慰めを求めて浮気に走る女性が少なくありません。
たとえ原因が夫側にあったとしても、浮気をしているとしたら決定的な証拠を掴む必要があります。
とはいうものの、素人が自力で証拠を揃えるのは大変難しく、特に日中会社勤めをしている場合は妻の浮気現場を押さえることはほぼ無理でしょう。
仮に尾行できたとしてもバレるリスクが高いですし、確実な証拠が掴めるとも限りません。
決定的な証拠を掴むためには、浮気していることを否定できないほどの証拠が必要です。
それには浮気調査を得意とする探偵事務所に依頼したほうが、短時間で十分な成果を得ることができることは間違いありません。

■浮気の加速を回避させることができる

妻が浮気をするようになる理由はさまざまですが、寂しさや孤独感が大きく影響しているといわれます。
夫に必要とされていないと感じた場合や専業主婦だったため生活に刺激が欲しかったからという理由を挙げた女性もいました。
この場合の浮気は浮気相手と真剣に交際しているというよりは、自分を大切にしてくれる相手と一緒にいたいがためということが考えられます。
そのため夫がもっと自分に関心を向けてくれるようになれば、浮気をやめる可能性もあるのです。
しかし妻の浮気を疑ってスマートフォンを盗み見たり、こっそり妻の跡をつけたりして見つかりでもすれば、修復不可能な関係に陥ることも考えられます。
夫がしたことを妻が裏切り行為と感じた場合、より一層浮気にのめり込むことがあり得ます。
そうならないためにも離婚を望まないなら早急に探偵事務所に浮気調査を依頼し、関係改善に努めることが大切です。

■証拠があると慰謝料の請求ができる

浮気調査で妻と浮気相手との間に肉体関係があったことを示す証拠が掴めた場合、離婚するかどうかは別として浮気相手に対して慰謝料の請求を行うことが可能です。
精神的に受けた苦痛に対して請求できる権利で、探偵事務所には弁護士が在籍していることも多く、法的な手続きの依頼も任せられます。
仮に弁護士がいなくても浮気調査を行った探偵事務所に頼めば、探偵事務所とネットワークがある弁護士事務所の弁護士が担当してくれます。
自分で浮気相手と交渉すると感情のもつれでトラブルを引き起こしかねませんので、浮気調査もその後の慰謝料請求もやはりプロに任せるのが賢明です。

前の記事

浮気調査のコスト

次の記事

浮気調査の依頼