浮気調査の依頼

■どうして依頼するのか

浮気調査の依頼というのはいうまでもなく、その証拠を掴むために行われることになります。
ただし、実際にはしていなかったということもよくありますので、相手が絶対にしているわけではない、というのは理解しておきましょう。
目的は依頼によって異なることになります。
浮気しているか否かを調査が原則であることは確かです。
まず、求められることは浮気の証拠を掴むことになります。
どうして証拠が必要になるのかといえば、浮気しているという証拠が掴めれば、相手に慰謝料請求をすることができるからです。
これは配偶者もそうですが浮気相手に慰謝料を請求するのも容易になります。
そのためには確たる証拠が必要になり、慰謝料の請求や離婚を考えている人には探偵に依頼してでも浮気の証拠がほしいとなるのです。
一番良くないのは浮気調査がバレることでしょう。
調査していること、疑っていることを相手にバレるというのは最悪です。
それだけはどんな場合にせよ避けるようにすることが必須でしょう。

■探偵の浮気調査のやり方

どんな行動も前準備が大切ですが、浮気調査の事前準備もかなり重要です。
基本的な情報を浮気調査を行う前に確認して、必要となるのであれば下見も行うことになります。
確認した情報を整理していき、調査の日の行動をシミュレーションして、当日は尾行、追跡を行うことになりますが、ここで大切になってくるのは画像、映像で記録することです。
そして、さらに探偵社に求めるべきやり方としてあるのが、間違いなく言い逃れできないような写真の撮り方であるのか、ということになります。
昼間堂々と明るいところで浮気をしているのであればともかくとして、そうでない場合、暗いからいまいちはっきりしないこともあるのです。
そんなことがないように明るいところで服装が確認できる写真を撮っておき、当事者二人の顔が極端にはっきりとしていなくても服装でおおよそ確認できる、というような証拠を掴むようにします。
これだけでもだいぶ言い逃れがしにくくなり、浮気調査の証拠としてはかなり優秀となるのです。
こうした証拠をしっかりと握ってくれるような、あるいはやり方を極めてしっかりと理解して実行してくれるような探偵社を選ぶことにしましょう。
口コミなどを参考にするのも良いですし、それなりに老舗を選ぶという方法でも成功する可能性を高くことはできるようになります。
料金なども比較して、最良のところを選ぶことが大切です。