徒歩尾行と車両尾行の技術に注目する

■探偵の浮気調査で尾行も重要

探偵が浮気調査を進めるときに、尾行も重要な調査方法であり、対象者に気付かれないように尾行を進めることができるテクニックが必要です。
配偶者が知っている人の尾行は、すぐに気付かれてしまう場合もありますし、素人が慣れない尾行をすることで、浮気調査に失敗するリスクがあります。
自分ですぐに調べたい気持ちがあっても、浮気調査は調査を成功させるために根気よく待つことも時には必要です。
探偵なら、一人で調査を進めるだけではなく、複数人でチームを作って、尾行ができるため、途中で休憩をしながら、別のスタッフが目を離すことのないように隙のない尾行ができます。
車を使う場合も、小売店や引っ越し業者などが使っていそうな業務用の車で気付かれないように尾行することができるため、プロに任せたほうが安心です。

■徒歩で尾行することも基本

徒歩で尾行する場合も、テクニックが必要であり、探偵ならバレないように距離感を取ることにも長けています。
怪しい動きをすると、不審者と勘違いされることもあるため、自然に街に溶け込める技術を持っていることも必要です。
徒歩尾行は、ただ対象者を見るだけではなく、撮影の技術や行動記録をさりげなく書けるなど、自然な動きができるように技術が求められます。
新人スタッフはこの徒歩尾行ができるように、練習をするところから始めるケースも多く、とても重要です。
探偵は探偵業法を守りながら尾行をすることができますが、一般人の場合、尾行をすると法律違反となる行為をしてしまうおそれがあるため、トラブルを起こさないためにも、探偵への依頼をおすすめします。

■車両尾行は高度な運転技術が必要

対象者が車を使って、浮気相手と会っている場合は、探偵も車を使って車両尾行を行う必要が出てきます。
車両尾行は、相手にバレないように高度な運転技術が求められます。
また、道に詳しくないと車を見失ってしまこともあるため、地理の知識が重要です。
車で移動をして、ホテルへの出入りをする可能性もあり、写真で証拠を残すことができると裁判で使える証拠価値が高いものとなります。
もちろん、カメラでの撮影は相手にバレないようにする必要があるため、カバンの中から気付かれないように撮影するなど、一瞬の出来事をきちんと記録できる撮影技術が大切です。
いろんなシーンを想定して、しっかりと練習ができ、チームワークも高い探偵に依頼することをおすすめします。