浮気調査は複数回の証拠を残すことが重要

■1回の証拠で満足しない

浮気調査を依頼するときに、1度証拠を掴んで満足するのではなく、複数回の浮気相手と会っている証拠を残すことで、言い逃れするのがより難しくなります。
相手と話をするときも、まずは1回の証拠を見せて、相手の反応を見てから次の証拠を見せるなど、駆け引きをうまく進めていくこともできます。
浮気をしている配偶者に早く反省してもらいたい気持ちを持つ方もいますが、確実に問題を解決するためにも、探偵に調査を依頼し、複数回の証拠を残すことも大切です。
慰謝料請求をするときに、裁判で勝てるように証拠は重要になり、1回の証拠よりも複数回証拠を残せたほうが、こちらが有利になります。
1回でも不貞行為に間違いはないですが、裁判をしても思っていたよりも慰謝料が安く、準備をもっとしっかりとしておけば良かったと感じる方もいます。

■浮気に関する裁判例を調べることも重要

1回の不貞行為でも配偶者に反省してもらわなければならないことですが、裁判例もチェックして、冷静に対処できることが求められます。
裁判では1回の不貞行為で離婚が認められたケースは少ないです。
しかし、不貞行為を継続的に行っていたことがわかれば、離婚が認められるケースが多くなります。
継続的な不貞行為の証拠を残すときに、浮気調査で複数回の証拠を残していると、離婚も視野に入れた裁判で納得できる結果となるように準備を進めていけます。
裁判例など、一般人があまりチェックしないことでも、法律に詳しい探偵もいるため、相談をするときにいろんなことを教えてもらうと、しっかりと準備ができるようになります。

■証拠があれば話し合いで解決するケースも多い

浮気調査をして、複数回の証拠を残していると、話し合いをした時点で相手が認めて、今後の話をスムーズに進めていけます。
離婚する方もいますが、相手が反省しており、夫婦で再出発できるケースも多いです。
裁判となり、手間がかかることにしたくない方も多いため、複数回の証拠があると、安心して行動を起こせます。
証拠写真など、1回の証拠しか残せなかった場合でも、浮気相手とのメールのやり取りなども加えることで、話し合いでも十分に問題を解決する可能性を高めていけます。
アフターケアもしっかりとしている探偵を見つけることで、浮気調査後も問題解決のために、いろんなサポートをしてくれ、話し合いで問題を解決できるように作戦を立てていけます。