浮気調査はどのようにやるべきか

■自分でやるときには

浮気調査の依頼を考えている場合、あまり情報がないと調査が長期化してしまい、調査に必要な費用が高くなってしまいます。
そのため、依頼するにしろ、しないにしろ、あらかじめできるだ情報を集めておくことが重要です。
こういう浮気チェックで必ず見るべき場所というのがありますので、そこをまずは確認することにしましょう。
まず車を持っているならその車内です。
車の中というのは浮気の証拠の塊みたいなものです。
今までそれほどやっていなかったのにいきなり車の中の掃除を定期的に、それも頻繁にやるようになってきた場合には疑っても良いでしょう。
車の中はプライベート空間といえるため、不注意になりがちなところでもありますので、浮気の証拠が転がりやすいということも多く、調査対象としては狙い目です。
ゴミ箱やグローブボックスといったところを重点的に調べてみると良いです。
カーナビがあれば履歴なども狙い目になります。
車内の清掃には気を配っていても履歴に目がいかない場合が多いからです。

■探偵に依頼する理由

探偵に浮気調査を依頼する最大の利点は外で浮気をしているところをチェックしてもらえることです。
ただし、逆をいえば家の中の浮気チェックというのはやはり自分でやらなければならないことになるでしょう。
探偵にできることとできないことをはっきりとさせても、自宅で浮気をしている証拠というのを完璧に掴むということはほぼ不可能です。
携帯電話などを見て確認することもありますが、決定的な証拠ということは残っていないことがほとんどでしょう。
ですので、浮気の疑いまでは自宅捜索でできることはありますが、その証拠となればやはり外に求めたほうが良く、そういう部分においては探偵に依頼する価値があるわけです。
探偵にお願いできるのは尾行や追跡が挙げられ、実際に浮気をしているところの写真や映像を撮ってきてもらうことができます。
これによって離婚調停などのときに有利に話を進めることができるのです。
やり方を素人がいちいち口出しする必要性はないですし、それはしないほうが良いでしょう。
ただし、配偶者の行動や性格などは伝えたほうが良いこともあります。
あくまで大切になってくることは明確に浮気をしたのかどうか、ということがわかるような証拠です。
もし配偶者に疑えるような行動があるけれど、自分では証拠を見つけるのが難しい場合には探偵に頼むのをおすすめします。