離婚はどのように行うのか

■離婚をすること

離婚というのは当然ですが結婚している人が行うことになります。
結婚というのはどのような行為であるのかというと、お互いにさまざまな義務が発生する契約行為と理解しておくべきです。
極端な話としては結婚自体は別に役所に紙切れを一枚出すだけで成立することになります。
結婚は年齢制限などはありますが、両者の合意に基づいて行われる行為であり、それはつまり離婚も基本的には両者の同意に基づいて行われるべきことになるわけです。
しかし、相手が応じてくれないなんてこともあります。
そうしたときにはどうするべきであるのか、となりますが、まずは協議をすることになるのです。
それでもなお駄目だった場合は調停をするということになるでしょう。
この調停は家庭裁判所などで行われることであり、弁護士などがいると話がスムーズに進むということがありますが、必ずしもいないといけないというわけではないです。
そしてもう一つ段階を進めていくことになりますと本格的な離婚裁判に発展します。
離婚裁判はなかなか難しいことではありますが、言い方は悪いですが強制的に離婚させてもらえるというようなことが可能になっているのです。
いわゆる裁判所命令で離婚を成立させられることになります。

■裁判離婚とは?

裁判離婚、あるいは離婚裁判と呼ばれるものは、実は一つだけ大きな特徴がありますのでよく覚えておくと良いでしょう。
それは非があるほうが提訴することはできない、ということです。
離婚をしたいからといっても自分が離婚される事由や自分が原因でそんな状況になってしまったというような場合において、その人から裁判を起こすということは認められていませんので注意しておきましょう。
要するにわかりやすくいってしまうと浮気した側が離婚をしたいからといって裁判を起こすということができないようになっています。
また裁判をしたからといって必ず判決ですべてが終了するというわけではなく、最終的に協議で終了させるというような場合もあるのです。
弁護士に依頼しなければならないというわけではないですが、弁護士に依頼すれば代理人として出てもらえることになりますので、必ずしも自分が出なくても良いということになるでしょう。
ちなみに呼び出しを無視した場合、相手の言い分を一方的に認めるという認識で話が進められるということがあります。
自分が訴えられている側であろうとも必ず出席はしなければならないわけです。
これが大きな注意点になります。