浮気調査中は誰にも話さないことが大切

■浮気調査中に誰かに話すとバレる可能性がある

探偵に浮気調査を依頼すれば安心というわけではなく、依頼主が浮気調査中に誰かにそのことを話してしまうと、対象者に気付かれるおそれがあります。
口を滑らせてしまった結果、浮気調査を対象者に気付かれてしまうケースは意外と多いです。
友人など、この人ならしゃべらないだろうと思っていても、うわさが広がってしまうことがあります。
探偵は事前の打ち合わせで、浮気調査中の注意事項を丁寧に説明します。
浮気調査中に相手にバレないように注意すべきこともきちんと伝えるため、誰かに話したい気持ちとならないように、調査結果が終わり、その後の対応の仕方もきちんと相談してから、信頼できる人にだけ話をするように注意することが求められるのです。
対象者にバレなければ、証拠となる写真を残せた案件でも、依頼主が誰かにしゃべってしまったことがきっかけで、証拠を残せない可能性があります。

■バレてからの浮気調査は難しい

探偵は探偵業法の法律を守り、尾行や聞き込みなどの法律の範囲内でできる調査を進めていきます。
調査対象者にバレてしまうと、バレてからの調査は難しく、調査を中断する可能性もあるのです。
バレているのに尾行をすると法律上問題が出てくるため、その後の調査ができない状況になります。
絶対に証拠を残したいという依頼主の方のお気持ちはわかりますが、バレてしまってからでは、できることが少なくなります。
バレないように、浮気調査前の打ち合わせて、注意事項をしっかりと守りましょう。

■スマートフォンから浮気調査がバレることもある

探偵とのやり取りで携帯電話を使って連絡を取ることも多いため、電話の履歴やメールのやり取りを相手に見られて、バレてしまうことのないように注意です。
浮気調査中は、スマートフォンの暗証番号を設定して、パスワードを入力しないと見られないようにしたり、定期的に着信履歴を消したりなど、バレないように対策を採ることをおすすめします。
順調に調査が進んでいても、スマートフォンを配偶者が手に取って見られるような場所に置いておくと、バレてしまう可能性が高まります。
探偵社の電話番号をバレないように、名前の入力を工夫することも大切です。
定期的に調査の状況を聞くためにも、携帯電話でやり取りができることは重要なので、浮気調査中はできるだけ自分のそばにずっと携帯電話を置いておくようにすることをおすすめします。