浮気調査の費用はどれが正解?

■浮気調査の費用にはどのようなプランがあるのか

調査会社に依頼した際、当然費用が発生します。
その費用は会社によって違いますが基本的に3種類の形があります。
成功報酬と時間制、そしてバックプランです。
それぞれに相場がありますので、全国相場と比較して調査会社を選択する必要はあるでしょう。

■そもそもバックプランとは何か

支払うプランにバックプランというものがありますが、これはわかりやすくいうと低額プランです。
携帯料金のような、それ以上支払額が増えないプランになっています。
パック料金になりますので、会社によって費用は異なります。
相場としては40万円から100万円と大きな差があるのが特徴です。
一定額以上費用が生じないので長期間の調査でも安心です。
反面調査の途中キャンセルがし難く、定額なのでほかのプランより高く設定されている性質もあります。

■時間制のプランの特徴は

時間制プランはその名の通りで、調査員1名に対して1時間いくらの単価が生じるものです。
このプランの場合は1日あたりの最低調査時間が設定されていることが多く、会社によって3時間や8時間と変わります。
浮気調査で証拠を確保できる平均は20時間から30時間といわれており、1時間1万円が相場なので30万円ほど必要となります。
もちろん状況によって調査時間は変わりますので、思いもよらぬ期間を必要とする場合も当然起こるので、プランを決めるのは非常に難しいことが伺えます。

■最終的にはやっぱり完全成功報酬型でしょう

オーソドックスなプランではありますが、何はなくともこのプランが確実といえます。
浮気調査は証拠を確保してなんぼなので、失敗しても支払わないといけない時間制やバックプランでは損をする可能性もあります。
損をしなくて確実に結果を得られてからでないと支払わなくて良い成功報酬プランが一番お得といえます。
ただ成功報酬プランの場合でも費用は必要で、それが着手金という実費や雑費です。
もしも失敗してもこれらは支払う必要がありますが、ほかのプランでも同じ結果の場合の損失は一番安いです。
成功報酬プランの費用も会社によって異なり、70万円から140万円と大きな差があります。
ほかのプランの中でも高額にはなりがちですが、この成功報酬プランには完全成功報酬プランというものもあります。
その名の通り成功しない場合は一銭も支払う必要がないプランです。
諸経費も支払う必要がないので、確実に浮気調査の結果を得て、失敗時に費用を損しない選択肢といえるでしょう。