我孫子で浮気調査を探偵社に任せる時の心構え

■浮気調査成功のために欠かせないこと

浮気調査を実施するのは探偵ですが、依頼者の協力は欠かせません。
我孫子で探偵に調査依頼をしたけど、依頼者自身がパートナーに調査のことを話してしまうケースがあります。
依頼者が感情的になって詰め寄り、言い合いに発展した時に自ら話すという事例があるのです。
そうなればせっかくの調査が水の泡になってしまうので、完全に調査が完了するまでは誰にも話さないことが重要になります。

■怪しい探偵社は避けること

我孫子には健全な探偵が数多くいますが、中には怪しい会社もあります。
たとえば探偵事務所を名乗りながら、実際は事務所がないという事例があるのです。
事務所があるように見せかけていることがあるので、実際に現地に出向いて事務所があるか確認するのがベストでしょう。
いずれにしても対面相談をすれば、事務所の有無はわかるはずです。
どこも同じと考えて安易に選んでしまうと失敗するので注意してください。

■調査機材の質から見えてくること

浮気調査では尾行・張り込みが必要になるので、車よりバイクのほうが利便性が良い場合が多々あります。
車対車だと、どうしても見失ってしまうケースがあるわけです。
信号の関係もあり、ターゲットが青信号で直進していても、尾行する探偵は赤信号で止まらざるを得なくなることがあります。
だからといって信号無視をするような探偵社に依頼するのは避けましょう。

■離婚したい場合はまず証拠を

パートナーが浮気したら絶対に離婚するという人は少なくありません。
人間は間違いを犯す生き物ですが、誰もがそれを許せるわけではないでしょう。
相手に対する好意が消滅した状態で結婚生活を続けるのは自分のためにはなりません。
ただ離婚は簡単にできるものではなく、裁判所に認めてもらうために証拠を確保する必要があります。
不貞行為、つまり性交渉があった場合は認められますが、この証拠を押さえるのはプロでなければ難しいです。

■証拠が見つからないと自分が不利になる可能性も

浮気が原因で夫婦関係が崩壊している状況では、離婚を有利にするために有力な証拠集めが必要になります。
口頭で浮気の事実を説明しても、裁判所は証拠がないと認めません。
裁判では双方の言い分を聞いてから判断するので、時浮気されたほうが悪者にされる可能性があるのです。
どんなに言葉に気持ちを込めて話しても、証拠としては認定されません。
だからこそ我孫子で浮気調査をする時は、探偵を利用する必要があるわけです。