浮気の慰謝料請求で有利になる証拠

■浮気の慰謝料請求を行う際に必要となるもの
・メール
・写真
・動画
・浮気を自白した録音
・ホテルのレシート
など様々なものがありますが、自分が有利に立って浮気の慰謝料請求を行うためには確実な浮気の証拠が必要になります。一般的にはメールやLINEのやり取りが、浮気の証拠になると思われがちですが、有利な証拠になるかどうかはその証拠の内容によります。肉体関係が確認できない証拠の内容は、浮気の証拠としては認められにくいと言われています。浮気の証拠として認められやすいものとして、性行為の場面が写っている写真や動画、ラブホテルに出入りする写真などがあります。

■浮気の証拠の内容例
・肉体関係があったと推測できるメールやSNSなど
・ホテルに出入りしている写真や動画
・性行為の写真や動画
・配偶者や浮気相手が浮気の事実を認めた録音
・肉体関係があったと推測できる電話の通話録音
・肉体関係があったと推測できる領収書
・ホテルに出入りする写真やそれを記載した探偵事務所の報告書

■浮気の証拠と認められない内容例
・肉体関係が確認できない内容のメールやSNS
・電話の通話履歴
・肉体関係があったと推測できない領収書
・肉体関係が確認できない記録

浮気の証拠の収集を一人で行うのは大変負担になりますので、弁護士や探偵事務所に浮気の証拠の内容や収集について相談をされることをおすすめします。

■慰謝料を請求する相手
浮気の慰謝料を支払う責任は、配偶者と浮気相手の2人にあり、浮気の慰謝料は配偶者と浮気相手の両者にすることができ、どちらか一方だけに浮気の慰謝料を請求することもできます。どちらか、またはその一方に浮気の謝料請求をするかについては、自分で自由に決めることができます。また、両者に慰謝料請求をした場合には、発生した損害額を超えてそれぞれから慰謝料を二重取りすることはできません。

■配偶者に対する浮気の慰謝料請求
浮気の発覚後に離婚する場合は、発生した損害が甚大であるとして高額の慰謝料を請求し獲得できる可能性があります。離婚しない場合は、慰謝料請求をしない、慰謝料請求をすると選択することができます。

■浮気相手に対する浮気の慰謝料請求
浮気相手に慰謝料を請求することで、浮気の責任を取らせることができます。離婚をしないで浮気相手に慰謝料を請求する場合には、慰謝料を得たうえで配偶者と浮気相手を断ち切ることができるケースもあります。

浮気の慰謝料請求をする場合、自分一人で配偶者や浮気相手の浮気現場を調べることは困難なことだと思われます。浮気調査の専門的な知識や経験のある探偵事務所に、浮気の証拠を掴む浮気調査を相談することをおすすめします。