不貞行為を立証するには

不貞行為を理由に離婚請求をする場合には、離婚請求する側が、配偶者と浮気相手との肉体関係を確認・推認できる証拠を、立証することが必要になります。裁判所では詐欺や詐称行為を防止するために、不貞行為の証拠の制限を厳しくしています。不貞行為の証拠が不十分な場合、憶測や推測ととらえられてしまい、離婚請求を棄却され離婚が認められない場合もあります。不貞行為の証拠がなく配偶者に浮気の追求をしても、嘘をついてとぼけられてしまうこともあります。
配偶者の不貞行為を原因として離婚請求をする場合には、配偶者の不貞が婚姻の破綻の原因であるという因果関係も立証しなければなりません。夫婦関係が既に破綻している状態で、その後に配偶者が異性と肉体関係を持った場合は、この肉体関係と夫婦関係の破綻との因果関係は認められないので、不貞行為を理由の離婚請求は難しくなります。
不貞行為の証拠を完全に立証できなくても離婚の請求をすることは可能ですが、離婚を継続し難い重大事由を適用して争っていくことになります。婚姻を継続し難い重大な事由の場合では、慰謝料請求に大きく変化が出てしまい、金額が大幅に減ってしまったり、慰謝料が取れなくなってしまったり浮気相手にも慰謝料の請求が出来なくなってしまいます。慰謝料や財産分与や養育費・親権などを有利に進めていくには、配偶者の不貞行為の確かな証拠が必要になります。一度限りの浮気なども離婚事由に該当しますが、不貞行為が離婚の理由にはならずに、婚姻生活を継続し難い重大な事由となってしまい、協議離婚・調停離婚での話し合いになり慰謝料がなしになってしまう場合もあります。

■裁判で使用できる不貞行為の証拠
・写真・動画
不貞行為の証拠として一番有効なのは、写真やビデをなどの映像になります。配偶者が浮気相手と一緒に何度もラブホテルに出入りしている写真や動画の証拠は、肉体関係を確認・推測できる証拠とできますが、配偶者と浮気相手と2人で旅行している、浮気相手の部屋へ出入りしている証拠だけでは、肉体関係があることを立証するには不十分と判断されてしまう可能性もあります。
・録音したもの
配偶者が不貞の事実を認めるような発言をした場合、それを録音することで証拠となります。
・メールやSNS
配偶者と浮気相手とのメールやSNSで交際しているという事実を写真に撮っただけでは、不貞の証拠にはなりません。2人の肉体関係を確認できる内容のものでないと不貞の証拠としては認められません。
・その他の証拠
第三者の証言、不貞行為を認めるメモなど、浮気相手からの手紙や贈り物、宿泊したホテルの領収書、不貞行為を裏づけるクレジットカードの明細などの不貞の事実が客観的に証明できるものが証拠となります。
・探偵事務所の調査報告書
配偶者の不貞の証拠を集め、離婚請求をするのはとても困難なことです。浮気調査を専門としている探偵業社は、裁判などで不貞の証拠と確認される、確実な浮気の証拠を掴むことができるでしょう。

次の記事

浮気調査の結果