浮気調査の結果

■浮気の事実がわかる
配偶者の浮気を疑っていると相手のことを信じられなくなってしまいます。その結果、夫婦関係がうまくいかなくなってしまい、離婚に至ってしまう場合もあります。浮気調査を依頼し、浮気の事実が見つからなければ再び相手を信用できるようになるでしょう。もし、浮気が判明した場合でもお互いの今後についての話し合いができ、離婚になった場合でも慰謝料請求に向けて話を有利に進めていくことができます。

■配偶者と浮気相手に慰謝料を請求できる
不貞の証拠をおさえておけば、離婚をするしないに関わらず配偶者や浮気相手に慰謝料を請求することもできます。

■離婚請求を棄却できる
原則として、離婚原因のある有責配偶者からの離婚請求は認められません。不貞の証拠があれば相手が離婚をしたいと言っていても離婚請求を棄却することができます。

■離婚請求ができる
協議離婚をする場合、お互いに合意すれば離婚することができますが、どちらか一方が離婚に反対している場合には、法定離婚事由が必要になります。

■離婚の条件が有利になる
不貞の証拠があることによって、財産分与・養育費・慰謝料など離婚をするときの条件が有利になる可能性があります。

■浮気を止めさせられる
浮気相手が誰なのかを特定して話し合いをおこない、不貞行為をおこなった側にも不貞を認めてもらい、慰謝料請求や配偶者と別れてもらう事ができる場合もあります。

■立場が逆転する
浮気の事実を知ったときから3年間有効になっていますので、不貞の証拠をおさえたからといって、すぐに離婚や慰謝料請求をする必要はありません。離婚を考えている場合は、財産分与や養育費など離婚の条件を有利にする為の準備期間ができますし、今後の切り札として取っておくこともできます。

■プロの探偵の浮気調査
プロの探偵の浮気調査は張込みや尾行など素人ではできないことを、しっかりと調査して不貞の証拠をおさえてくれます。浮気の現場を発覚した場合には、浮気相手の写真や、不貞行為が証明できる写真などを撮影してくれます。調査終了後には報告書の作成をしてもらえ、離婚や慰謝料請求のときの証拠として使用することも可能です。

■浮気調査の料金
ほとんどの探偵事務所で浮気調査を行っていますが、浮気調査を専門にしている探偵事務所もあります。料金の設定は探偵事務所によってかなり変わってきます。適正な調査料金やプランのある探偵事務所へ依頼する方がよいでしょう。調査の内容や追加料金などを必ず確認するようにしてください。調査料金の見積もりを出してもらうときに、浮気調査の目的などをはっきり伝えましょう。調査料金を安くおさえたい場合は、調査対象者の情報や浮気に関しての情報をなるべくたくさん集めておくと調査期間が短くなり、調査費用を安くおさえることができます。

前の記事

不貞行為を立証するには

次の記事

浮気チェック項目