浮気チェック項目

・携帯電話にロックをかけている
・LINEにロックをかけている
・携帯電話の発信・着信履歴を消している
・寝る前にも携帯電話を使用している
・携帯電話を複数所持している
・お風呂やトイレにも携帯電話を持っていく
・サングラスや眼鏡を購入・新調した
・ヘアースタイルを変えた
・服装や下着を気にするようになった
・話をしなくなった
・体の手入れをするようになった
・帰宅後すぐにお風呂に入るようになった
・こちらの予定を気にかけるようになった
・携帯電話の画面を隠すようになった
・車の走行距離が増えた
・車内が綺麗になった
・洗車の回数が増えた
・音楽などの趣味が変わった
・カーナビの履歴が消されている

パートナーの浮気を見破ったからといって、感情的になってパートナーを責めて大喧嘩をするのはやめてください。確実な浮気の証拠を相手に突きつけたいときは、浮気調査を探偵事務所に依頼して、しかるべく証拠を持って離婚や慰謝料請求を進めていくとよいでしょう。浮気の証拠は、こちら側が浮気のことなど全く気がついていないと思われている状況下で調査をした方が、浮気をしている証拠がつかみやすく調査期間も短期間で終わる可能性が高くなります。

■浮気・不倫の証拠集めに探偵を利用する
探偵業の依頼の中で最も多い依頼が、浮気調査と言われています。配偶者や婚約者や恋人が自分以外の人と浮気しているのでは、、、と疑ってしまうことがあります。自身で浮気の真相を調査しようとしても、相手に顔が知られてしまっているため尾行や張り込みをしてもすぐにばれてしまいます。浮気調査のプロの探偵に調査を依頼することによって、パートナーの隠された行動が暴かれます。

■浮気の証拠をおさえる
確実に浮気をしているという証拠を掴むことは簡単ではありません。浮気の線引きは人によって変わってきますが不貞の証拠は決まっており、腕を組んで歩いていた、一緒に買い物をしていたなどでは浮気の証拠としては弱くなってしまいます。浮気相手の住んでいる家へ2人きりで入り一晩を過ごした、ラブホテルへ2人で入って行ったなどの、言い逃れのできない浮気の事実を押さえないと不貞の証拠と認められません。パートナーが浮気相手と一緒にいる現場を目の前で見ながら自分で浮気の証拠をおさえるのは、通常では難しいことだと思います。プロの探偵であれば、浮気中の2人の行動を観察し言い訳のできなくなるような浮気の証拠を掴みます。

■浮気調査の目的
浮気調査の目的は人それぞれです。パートナーが浮気をしているかどうかを確認したいだけ、離婚理由として相手の浮気を掴みたい、慰謝料を請求したい、浮気相手と別れさせたいなど目的によって、必要な証拠の内容が変わっていきます。何のために浮気の証拠を掴みたいのかをはっきりさせておくとよいでしょう。

前の記事

浮気調査の結果

次の記事

浮気調査の勧め