浮気・不倫対策

パートナーの浮気の兆候に気づいてしまったときは、いきなりパートナーを問い詰めないでください。すぐにでも怒りをぶつけて謝罪してほしいと思うかもしれませんが、それでは状況が悪化してしまう可能性があります。冷静になって、今後の自分の人生のことを考えながら対策を練っていくとよいでしょう。

■今後のことを考える
パートナーが浮気をしている場合、こちらは離婚の意思がなくても、相手から一方的に離婚を言い渡されてしまうケースがあります。しかも、自分の浮気を隠して、こちら側に非があるようなことを言ってくる場合があります。離婚になったとき、慰謝料の有無は離婚後の生活に大きな影響があります。離婚時の慰謝料を左右するものが、確実な不貞の証拠になります。
相手が浮気を疑われていると気づいてしまうと、浮気の証拠を隠蔽してしまうおそれがあります。こちらの様子を警戒してきて、浮気相手と会わなくなってしまう可能性もありますので、浮気をしている確実な証拠を掴むまではパートナーを問い詰めたりするのは止めたほうがよいでしょう。浮気の証拠を押さえたいときは、探偵事務所に浮気調査を依頼することをおすすめします。浮気の証拠といっても、どんなものでもいいわけではありません。浮気の証拠は、離婚の裁判で使用できる証拠が必要になります。プロの探偵は、浮気の証拠を確実に抑えることができ、裁判で使用できるクオリティの高い調査報告書を作成することができます。裁判で有利になれる調査報告書を作成できる探偵事務所かを見極めて、浮気調査の相談や依頼することが大切です。

■浮気チェック
・携帯電話をどこにでも持っていく
・携帯電話の履歴などが消去されている
・隠れて携帯電話をいじるようになった
・服装などを気にするようになった
・下着を買い替えるようになった
・仕事で家にいなくなった
・お金の使い方が変わった
・カーナビの履歴が消されている
・直感で浮気していると思う

浮気の証拠がないと、相手に浮気を問い詰めたときにとぼけられてしまったり喧嘩になってしまったり、開き直られてきたりして全く話し合いにならず、裁判になった場合でも証拠不十分で慰謝料がもらえなかったなんてことになってしまって、結果泣き寝入りになってしまったなんて話もよく聞きます。浮気の証拠があることによって、相手は浮気の否定ができなくなりますので、相手から慰謝料をもらえたり、浮気相手と別れてもらった、しっかりと話し合うことができ、今後の選択を考えられるようになり精神的に楽になることができるでしょう。

浮気の証拠を掴みたいならば、プロの探偵に浮気調査を依頼することをおすすめします。

次の記事

不倫の慰謝料相場