不倫の慰謝料相場

不倫の慰謝料は、浮気をした配偶者とその浮気相手から、こちらが受けた精神苦痛に対して支払われるお金ですが実際には、慰謝料の金額に明確な基準はなく、さまざまな事情や状況を考慮されたうえで不倫の慰謝料は決まります。慰謝料の金額は過去の判例などを参考に考えられ、50万円~300万円が裁判上の相場と言われています。不倫・浮気による損害が大きいほど慰謝料が高くなっていく傾向があります。

■不倫の慰謝料の決め方
・夫婦関係について
・不倫があったときの夫婦仲
・不倫の内容
・不倫が原因で受けた影響
不倫の内容は個々により異なっているので、裁判になった場合にいくらの慰謝料が認められるかを予測する事は困難になります。

■不倫の慰謝料の増額要素となる場合
・不倫が原因で別居や離婚に至った
・婚姻期間が長い
・不倫期間が長い
・夫婦間に未成熟の子がいる
・肉体関係の回数が多い
・不倫をやめるように伝えたのにも関わらず、関係を継続している
・不倫の結果、中絶したまたは出生した
・浮気相手が既婚者と知っていたかどうか
・浮気が認められる状況で浮気相手が否認を続ける
・精神的苦痛
など

■不倫の慰謝料の減額要素となる場合
・婚姻期間が短い
・夫婦関係が円満ではなかった
・不倫関係が短い
・肉体関係の回数が少ない
・自分自身の落ち度
・浮気相手が紳士に謝罪していたり社会的制裁を受けていたりする場合
など

裁判をしないで相手方と話し合いで解決する場合には、相場の金額通りになるとは限りません。話し合いで決まる金額は、問題の早期解決や精神的損害などを考慮されることが多く、離婚が決まっていなくても、離婚した場合と同様の慰謝料で和解に至る場合もあります。
慰謝料と言えば、芸能人の高額な離婚慰謝料が思い浮かびますが、この内訳は財産分与を含んだ金額と考えられますので、いくら相手の稼ぎがたくさんあったとしても億単位の慰謝料の支払いを命じる判決が裁判でくだることはほとんどないでしょう。それは、裁判で慰謝料請求をする場合は、慰謝料の相場が基準となるからです。

浮気や不倫の慰謝料は様々な事情などを総合的に考慮して、増えたり減ったりするのです。
・浮気・不倫による損害の大きさによって慰謝料の金額が変わる
・事情や状況により、慰謝料の金額は増減される

浮気相手に慰謝料請求をする場合には、これまでの事情を主張・立証できるかどうかにより慰謝料の金額の増減に大きく関わってきます。単純に、浮気が原因でとても辛かったと主張するだけでは説得力に乏しく、精神的苦痛から、うつ病になってしまった場合など診断書等の証拠が有効になります。

前の記事

浮気・不倫対策

次の記事

浮気のサイン!?