不倫相手に対して慰謝料を請求する

配偶者が不倫をしたとき、精神的苦痛を与えた不倫相手から慰謝料を請求したいと考える方が多いと思います。不倫相手への慰謝料請求の方法についてご説明していきましょう。

■不倫相手に慰謝料請求する場合
・不倫相手に慰謝料請求をするためには、不倫をしていたという事実が必要になります。
・慰謝料請求とは、法律用語では不法行為の基づく損害賠償請求になり、不貞行為の成立には故意・過失が必要になります。故意とは、交際している相手が既婚者であることを認識していることをいいます。既婚者であることを知らなかった場合、故意がなかったとなり慰謝料請求はできませんが、相手が既婚者であると知らなかったとしても、注意すれば既婚者だとわかった様な場合には、過失があるとして慰謝料請求が可能になります。
・不倫によってはじめて婚姻関係が破綻したことが必要になりますので、不倫をしていた時点で婚姻関係が破綻していなかったことが必要になります。

■不倫相手に慰謝料請求をする方法
不倫相手に慰謝料請求をする場合、まずは相手の連絡先を把握しなければなりません。不倫相手の連絡先を知ることはなかなか難しいことになりますので、探偵に依頼して調査をしてもらうことをおすすめします。
不倫相手の連絡先が判明したら、、、
・まずは、郵便・電話・メールなどで不倫相手に連絡をします。不倫相手との直接話し合いを望む場合は、直接会って話をしてもよいでしょう。この連絡で慰謝料を支払ってくれることは、なかなか難しいかもしれません。
・書面やメールでのやり取りでは時間がかかってしまいますが、直接会って交渉することにより早期の解決が見込める可能性があります。不倫相手と直接会って慰謝料の交渉をしたいと考えていて、相手もそれに応じる場合には、直接会って慰謝料の交渉をするとようでしょう。この時、感情的になることは避けて事前に話す内容をメモにまとめておき、そのメモに沿って冷静に話をしていきましょう。

■内容証明郵便での慰謝料請求
郵便や電話、メールなどで望ましい反応がない場合、内容証明郵便を送りましょう。
・不倫の事実
・不倫を知ったことにより、どれほどの精神的苦痛を受けたか
・慰謝料請求する意思と金額
・慰謝料の支払い期限
・今後、2人で会わないことを要求する旨
・慰謝料を支払わない場合、法的手続きを起こす意思表示
などを内容証明郵便に記載します。

■出来るだけ高額な慰謝料を請求するためには
不倫相手の言い逃れや減額交渉を防ぐために、不貞の証拠をきちんと揃えておくことをおすすめします。確実な不貞の証拠をおさえたいときは、プロの探偵に浮気調査を依頼するとよいでしょう。

次の記事

浮気相手の調査