配偶者の不倫

■不倫とは
結婚をして夫婦になると、貞操義務というのを負うことになります。貞操義務とは、夫婦が互いに性的に純潔を保つ義務のことをいいます。貞操義務は民法で明文化されていませんが、民法770条では不貞行為を離婚事由としていますので、貞操義務を法的な義務とみなすことができます。

■不貞行為とは
不貞行為とは、既婚者が配偶者以外の異性と肉体関係を持つことをいいます。既婚者が配偶者以外の異性と肉体関係を持った場合、夫婦の義務である貞操義務に違反したとみなされ、不倫が認められることになります。通常は不倫と言われていますが、法的には不貞行為という言葉を使います。

■不倫と浮気の違い
不倫と浮気に明確な違いはなく、同じ意味で使用されることが多くなっていますが、一般的にはこのように分けて使われています。
・浮気は独身者同士でも使用しますが、不倫の場合はどちらか一方又は両方が既婚者であるときに使用します。
・不貞行為があることによって不倫とみなされます。
・つい出来心で関係を持ってしまった、魔が差したなど、タイミングや判断を誤って関係を持ってしまった場合には、浮気を使うことが多いでようです。
・短期間で浅い付き合いの場合は浮気と呼ぶことが多いようです。

■不倫をする人の特徴
・職場や勤務先に異性が多い
・暇な人や時間の都合がつけやすい
・時間とお金に余裕がある
・刺激を求めている
・昔からモテていたので、まだチヤホヤされていたい
など

■不倫したときの代償
・慰謝料を支払う
・離婚する

前の記事

浮気相手の調査

次の記事

浮気しているかも