船橋市で浮気に遭ったら証拠を集めよう

■ハッキリとした証拠を準備しよう

なんとなく浮気をしていると感じても、それを立証する証拠がなければ裁判に負けてしまいます。
相手に逃げ道を作らないためにも、ハッキリとした証拠を準備してから訴えるようにしましょう。
自分の手だけでは裁判所で有効な証拠を取るのは難しいので、船橋市にある探偵事務所に頼んで証拠を掴んできてもらいましょう。

■法的手段に出るためには証拠が必要

見ただけで自分の頭の中に浮気相手の顔があるだけでは、頑張って訴えても負けてしまいます。
第三者には証拠がわからないですし、相手に白を切られるとそこで終わりです。
慰謝料などを望むのであれば、しっかりと証拠を取るまでは法的手段に出られないと思っていたほうがいいでしょう。
証拠となるのは、一緒に相手のマンションやアパートで密会している写真や、ラブホテルに入っていくような写真が証拠となります。
LINEやカカオトークなどでのやり取りも、しっかりとした証拠になりますので見られるのであれば撮影しておきましょう。
そして訴える際に必要な不倫相手の身元も特定し、それぞれしっかりと揃えてから訴えます。
ただすべてを素人の力だけで行おうとしても、難しいものがあります。
探偵事務所では証拠取りをプロの手で行ってくれますので、まずは頼んでみましょう。

■離婚はしてもしなくてもいい

浮気が発覚して許せないとなった時に、離婚するかしないかは自分で選択できます。
必ずしも離婚することだけが相手のためになるとは言えず、離婚せずに不倫相手にはご主人や奥さんを渡さないというのも一つの考えです。
もし離婚をしないという時でも、慰謝料の請求はできます。
別居をして生活費や養育費などを毎月支払ってもらうように約束をするのもありです。
もう顔も見たくないくらい憎くなっている時や別れたほうがスッキリするという場合は離婚して新しい人生をやり直してもいいでしょう。
一緒に住んで離婚はしないで、不倫相手にプライベートでの接触は一切禁止することも可能です。
ほかにも解決策はさまざまありますので、迷った時にも専門家である探偵に相談をしましょう。

■何もないとふりになる

浮気していると思っても、慰謝料を取る時や法廷で争う時には必ず証拠が必要です。
何もないのに頑張って戦おうとしても、自分にとって不利になってしまいます。
作戦なども必要ですので、まずは探偵事務所に頼み証拠を取ってもらってからその後の動きも考えましょう。
離婚は必ずしなければいけないわけではなく、してもしなくても選択は自由にできます。

前の記事

浮気しているかも

次の記事

設立総会のお知らせ