探偵に依頼をする時にはコツがある

■リーズナブルにするにはタイミングも大切

パートナーの浮気で探偵に依頼をする時に、少しでも費用を安くしたいと考えている方も多いでしょう。
費用をいくらかでもリーズナブルにしたい時には、浮気のタイミングを計ることが大切です。
こちらでは浮気の時に探偵へ依頼するコツを紹介します。

■浮気をどのタイミングでしているか見る

パートナーが怪しいと思っても、浮気相手と毎日のように会っているとは限りません。
本当に仕事で残業の日もありますし、早い帰りで仕事帰りにどこにも寄っているような感じがない日もあるでしょう。
何でもない日に調査をしても、そこからは証拠となる写真を撮ることができません。
すると証拠が取れるまで何回も調査をしなければならず、その度にお金がかかってしまいます。
できればこの日だと思った日に証拠が撮影できることが理想ですので、パートナーがどんな行動をしているのか把握しましょう。

■パートナーの毎日の行動をチェックしてみる

意外とパートナーも不規則に浮気相手に会っているわけではなく、実は同じ曜日など何か規則制があるケースも多いです。
たとえば仕事が水曜日だけは早く終わりやすいという時には、その日に飲み会と言い訳をして浮気相手と会っているなどです。
今まで土日は外出することがほとんどなかったのに、急に出かけることが増えたという場合も怪しいですし、毎日の行動をまずは手帳やメモ帳などに書き出してどんな行動をしているのか把握してみましょう。
不規則に休みの方の場合、休日はどこでそのうち出勤日のように装って出かけている日はないのかなど、さまざま調べてメモをしておきましょう。
浮気相手にも都合があるので、案外お互いの空いている日ということで毎週何曜日や何日に会うなど決まっているパターンもあります。

■わからない時には自分から仕掛けてみる手もある

変に思われそうな時には無理をする必要はありませんが、たとえば2日実家に帰ると言って家を空けるなどすると、パートナーもチャンスと思ってこの時に浮気相手と会って証拠が取りやすくなる場合もあります。
勘ぐられてしまいそうな時にやらないほうがいいですが、こちらから隙を与えてその日に探偵に調査してもらうという手もあります。

■日にちを見極める

料金もリーズナブルに済ませたい方は多いと思いますので、まずは怪しい日、調査してほしい曜日や日にちを見極めましょう。
不規則で難しい場合は、こちらから少しパートナーに隙を与えるのも一つの方法です。
タイミングが合えば、一発で証拠となる写真を撮れます。