千葉で気になる盗聴器や盗撮器の調査は探偵に依頼

■狙われやすい千葉の不安

近年、一般住宅や賃貸住宅において盗聴器や盗撮器が発見されるトラブルが増えています。
詳しい業者によれば、さまざまな電気製品が売られている秋葉原に行くと普通に売られているとのことで、誰もが簡単に入手できる時代です。
秋葉原は総武線で千葉県とダイレクトにつながっており、通勤、通学している人も多い路線であるため、入手して知り合いの自宅や気になる人の賃貸住宅などに忍び込んで設置するリスクが高まります。
総武線沿線の市川や船橋、幕張や千葉などのエリアにお住まいの方は特に気を付けたいところです。
特定の人を狙うケースだけでなく、人のプライベートを盗み聞きしたい、誰でもいいから女性の部屋を覗きたいといった悪趣味なニーズもあるため、住宅の種類や住んでいる世代や性別を問わず注意が必要です。

■専門性が高い探偵事務所に相談を

盗聴器や盗撮器はとても小さく、見つかりにくいところに隠されているため、長く気付かずに被害に遭っている方が少なくありません。
一方で、異変に気付くこともあります。
たとえば、ラジオやテレビをつけた場合やケータイやスマホが電話やメールなどを着信した際に盗聴器がハウリングを起こして変な音がすることがあるためです。
また、見ず知らずの人のSNSに自分の部屋の様子などが掲載されたのを発見して、盗撮されているかもと気付くケースもあります。
おかしいなと感じたら、不安を抱えているより、被害が大きくなる前に盗聴器や盗撮器発見の実績がある探偵事務所に相談しましょう。
専門の機材を使い、素早く発見して対処してくれます。

■引越し前後に調査をすると安心

賃貸住宅や購入した中古住宅に引っ越す際には、以前の住人を狙った盗聴器や盗撮器が残されているリスクや以前の住人が興味本位で他人の生活を覗こうと盗聴器や盗撮器を設定していくおそれもあるため、引越し前に調査してもらうのが安心です。
新築の場合でも工事や販売に携わった人や内覧者などが設置するリスクがないとは限りません。
引越し業者や新しく購入した電気製品の取り付け時、中古家具についていたなどリスクは幅広い可能性が想定されます。
念には念を入れて、家具や家電などがすべて入った段階で、引越し後にも調査すると安心です。
探偵業を営むには警察署経由で公安委員会への届出が求められ、法令のルールに従う必要があるうえ、徹底した個人情報の保護や守秘義務が求められます。
そのため、実績ある業者なら任せて安心です。