柏でイジメ相手を特定したいなら

■子どものこと理解していますか

柏は都心へのアクセスがよく、東京に通勤、通学する人のベッドタウンとして、ファミリー層を中心に人気がある千葉県の一大都市です。
子どもも多く、小中学校の数も多い地域のひとつですが、子どもをもつ親にとって、子どもが学校でどのような生活を送っているのか、友人との関係など、見えてこない部分も多いです。
とくに柏に住むファミリー層では、共働き世帯が多く、子どもとの会話が少ない、交友関係が把握できないというご家庭は少なくありません。
子どもがイジメを苦に自殺したというニュースを聞くたびに、不安になる方もいるのではないでしょうか。

■子どもの様子がおかしいと感じたら

自殺した子どもの親は、子どもの様子に変わったことはなかったとか、子どもが学校の先生に相談したのに対応してもらえなかったと悔やみます。
ですが、実際には、子どもはなんらかのSOSを出していたはずです。
たとえば、学校に行きたくないという、遠足や運動会など学校行事のたびに頭が痛い、お腹が痛いというなど、学校を避けたり、友だちとの交流を避けようとしたりしている場合は要注意です。
仲間外れにされるなど、友だちとうまくいっていないのかもしれません。
表情が暗い、口数が少ない、日曜の夜の様子が休日前と違うなど異変を察知したら、イジメられていないか疑ってみることも大切です。
とはいえ、本人に確認しても、隠してしまうことも多いです。
本人が話をしてくれないようなら、探偵に相談するのもひとつの方法になります。

■子どもの調査は行いやすい

子どもは大人に比べて行動範囲が狭く、学校との行き帰りと塾や習い事の行き来、友だちと遊ぶ程度となります。
お子様の1日の行動を尾行してもらえば、わかることは多いです。
校内には入れなくても、下校時に1人で寂しそうに歩いているとか、学校のフェンス越しに体育の授業や昼休みの様子を見て、1人でいる、誰かにからかわれているといった状態がないか、チェックしてもらえます。

■SNS上のイジメにも対応

最近は対面でのイジメに限らず、子ども同士のSNSなどでイジメが横行するケースも少なくありません。
探偵はサイバー調査のノウハウもあり、SNS上のやりとりをチェックしたり、お子様をイジメている相手が誰なのか、調査して特定したりすることも可能です。
イジメられている実態がわかれば、学校や教育委員会などに相談しやすくなります。
また、イジメ相手の親や家庭環境も調査してもらい、親の状態によっては、直接、相手の親と話し合うといった方法も考えられます。