市川で夫の浮気が気になる瞬間

■浮気されやすいシチュエーション

夫に浮気されやすいシチュエーションとは、どんなケースでしょうか。
市川では東京に働きに行くなど、近場で仕事をしていない分、職場の様子や交友関係などが見えてきません。
職場や取引先の女性と浮気していても、わかりにくいのが実情です。
また、夫が10歳前後、年下のケースも注意しましょう。
交際中や結婚する際は、年上の女性が好みとか、あなたに甘えていても、結婚すると、若い女性に目移りする男性が多いからです。
奥さんは10歳上、浮気相手は10歳も下など、イラ立ちを覚える相手と浮気している可能性もあります。
そのほか、共働きですれ違いの生活を送っている、子育てにめいいっぱいになり、夫婦関係がなくなっているといったときも、浮気リスクが高まるので、注意しましょう。

■スマホや携帯電話の扱い方も変わってくる

浮気相手に結婚していると告げていようが、隠していようが、相手の女性の気持ちをつなぐためには、連絡をとり合うことが必要です。
そのため、浮気がはじまると、スマホや携帯電話を常に身に着けるようになり、これまでのようにソファやテーブルに放置することや、電話が鳴りっぱなしといったことがなくなります。
着信音はサイレント設定になり、スマホの画面を常にチェックする人も、少なくありません。

■連絡頻度が高くなる

「頻繁に連絡が入るけど、誰なの?」と質問しても、「取引先」とか「部下」や「上司」と言うのが基本です。
しかも、男性だといい張ります。
そのわりに電話が入るとコソコソ話す、メールやSNSが頻繁に入って、返信する手つきが驚くほど速いなど、これまでとは違うかもしれません。
いかに仕事でも、男性同士はメールやSNSで、そう頻繁な連絡はとりません。
今までに比べてメールの頻度が多いときは、注意しましょう。

■プロに調査を依頼

夫の浮気を疑い、確かめたいと思っていても、奥様が市川から東京の会社まで着いていくわけにもいきませんし、職場で待ち伏せして、帰りの行動を監視するわけにもいきません。
そもそも、いつ、その女性と会うかもわかりませんし、職場の人なのか、それ以外の人なのかもわかりません。
面倒な調査は自分でやるのは限度があるので、プロの探偵に調査依頼するのがオススメです。
市川でも東京でも、夫の行動範囲をしっかりチェックして、報告してくれます。
職場の業後に尾行する、市川で過ごす休日の行動を見張るなどし、女性との密会現場を押さえ、写真や動画で証拠を押さえてもらえます。