千葉で盗聴されるリスクがないか確認してみよう

■千葉県内でも増えている盗聴器トラブル

成田や市川、流山に松戸、柏など千葉県内でも、続々と盗聴器のトラブルが起きています。
千葉にある電気店などでも、盗聴器が普通に売られているほか、ネットショップなどでも簡単に買うことが可能です。
価格も手ごろなうえ、小型化も進んでおり、使い方も簡単なので、「なぜ家に」と行った驚きの場所で盗聴が行われているケースも、少なくありません。

■千葉で盗聴器が仕かけられるケースとは

盗聴器が仕かけられるケースとしては、ターゲットはとくに定まっていない、いわゆる盗聴マニアのケースから、知り合いとのトラブルも考えられます。
たとえば、彼氏や彼女に浮気を疑われることや、嫉妬深い、ストーカー的な状況が見られるケースがひとつです。
不倫やDVなどを理由に、別居中の配偶者が仕かけていくケースも少なくありません。
また、部屋に訪れたことがある友人や同僚と、なんらかのトラブルになっているケース、三角関係のもつれや金銭問題など、さまざまな事情で逆恨みされたり、会話を盗聴したいと思われていたりするケースがあります。
賃貸住宅では、以前の入居者が興味本位で仕かけて出て行ったり、以前の入居者を狙って恋人や友人などが仕かけた盗聴器が残されていたりするケースも多いです。
会社などの場合は、上司や部下が自分に対して何か言っているのでと不安になって仕かけたり、機密情報を横流しして転職しようと考えている内部スタッフや、商談などに訪れた取引先などが仕かけていったりするケースもあり得ます。

■こんなときには探偵に相談を

盗聴器が仕かけられると、不審なことや不自然なことが起こるケースも珍しくありません。
おかしいなと思ったら、探偵に相談して、盗聴器がないか調査してもらいましょう。
固定電話やラジオに雑音が入る場合、盗聴器が作動しているおそれがあります。
不審な車を家の近くで頻繁に見かける場合、盗聴マニアや盗聴器を仕かけた人が、車内から盗聴中の可能性があります。
別れた交際相手やトラブルになった知人から、お詫びの印などといって、ぬいぐるみや家電製品、目覚まし時計などが送られてきていませんか。
プレゼントの中に、盗聴器が仕かけられているかもしれません。
取引先の担当者からデスクに飾る置物やボールペンなどの粗品をもらったあと、ライバル企業などの同業者に情報が洩れているのに気づいた場合、その粗品に仕かけられているかもしれません。
探偵に調査依頼をすれば、専用の機器で電波を受信してくれるため、比較的すぐに発見してもらえます。