探偵調査は違法にならない範囲で進めることが大切

■流山市で素性調査が必要な状況

浮気調査は、探偵調査の代表格といえるほど依頼数が多いですが、ほかにも素性調査の依頼も豊富にあります。
素性調査とは、相手の素性を調べるのが目的で、結婚前に行われることが多いです。
結婚前は善人を装っていた人が、結婚してから人が変わってしまったという話は、よく聞くでしょう。
学歴や職歴を偽っていた、すでに恋人がいるのに婚活していた、膨大な借金を抱えていた、といった事例はよくあります。
最初から相手を疑うのは気が引けるかもしれませんが、結婚という人生における一大イベントの前だからこそ、調査しておくのが無難でしょう。
世の中には、外面のよい悪人が大勢います。
そうした人間は、人を欺くことに長けています。
ときと場合によっては、相手を疑ってみることは必要というわけです。

■浮気調査はプライバシーの侵害にならない?

夫婦名義の車に盗聴器を設置しても、問題はありません。
違法になるのは、他人の土地にある建物や車に設置した場合です。
スーパーなどに駐車されている他人の車に対してGPSを設置した場合は、合法とはいえませんが、違法でもありません。
このように、浮気調査は合法・違法の判断が難しい側面が多く、現実として法整備が追いついていない状態にあります。
合法と違法の間であるグレーゾーンで調査を続けると、ときに違法と判断されることもありえます。
そのため、流山市で浮気調査を実施するときは、合法の範囲内で調査を行っている探偵社に依頼するようにしましょう。
ベテラン調査員が在籍する会社であれば、社員研修が徹底しているはずです。
どこまでがよく、どこからが悪いのか、明確なラインを引いて活動している探偵社なら、安心できます。

■浮気調査の基本は張り込みと尾行

浮気調査では、張り込みや尾行により、対象者の行動を監視していきます。
こうした行為は、ストーカーに該当するのではないかと思うかもしれませんが、「浮気現場の証拠を捉える」という明確な目的のもとに行われているので、違法性はないのです。
ただし、対象者に調査がバレてしまった場合は、当日の調査継続は困難になります。
浮気が疑われる対象者が相手であっても、恐怖や不安を与えてはいけないのです。
最悪のケースでは、探偵が警察に通報される可能性があるので、浮気調査は、細心の注意を払って行われます。
浮気調査は、バレないことが何より重要で、それにより調査を継続できます。
もしバレてしまうと、調査計画が頓挫することになりかねません。
対象者は調査を警戒し、さらに注意深くなってしまうからです。