千葉での盗聴器や盗撮器の見つけ方

■不思議なことはありませんか

最近、なんとなく成田の自宅の中がおかしい、他の人が知らないはずの情報が漏れている気がするなど、日常生活や仕事で不思議なことはありませんか。
短期間の間に何度も空き巣に入られた、家の前にいつも同じ車が路上駐車している、交際相手から別の異性を家に入れた、電話で話をしていたと責められた、仕事の機密情報が他社に漏れていた、こうした状況が見られたら、盗聴器や盗撮器などが取り付けられているおそれがあります。
声が聞こえなければ留守だとわかるので、盗聴していた窃盗グループが空き巣に入るリスクがあります。
家の前に知らない車が停まっている場合、盗聴器の電波を社内で傍受して、会話などを聞いているかもしれません。
交際相手に浮気がバレているという場合、疑い深い交際相手や嫉妬心の高い交際相手が、室内に盗聴器や盗撮器を仕かけて、あなたを監視しているかもしれません。
仕事の機密情報などが漏れている場合、舞浜にあるオフィスの会議室や役員室などに、社内の内部通報者や商談に訪れた取引先、取引先と内通している出入り業者などが盗聴器を仕かけているおそれもあります。

■盗聴器や盗撮器を発見したいなら

怪しいと思っても、盗聴器や盗撮器は、素人ではなかなか発見できません。
機種が小型化し、電気コードやタップなどに予想外の場所にや、換気口、テレビアンテナ、電話線の引き込み箇所など、確認しにくい場所に取り付けられていることもあるからです。
千葉で盗聴器や盗撮器の発見をしたいなら、調査用の専門機器を持ち、調査ノウハウがある探偵に依頼するのがスムーズです。
料金は探偵にもよりますが、基本的にお住まいやオフィスなど全体をくまなく調べていくため、広さや間取りによって異なるので、事前に見積もりをお願いしましょう。

■探偵ができること

探偵によっても調査できる内容は異なりますが、部屋の中から盗聴器や盗撮器を発見するのはもちろんのこと、誰が盗聴しているのかを調べることも可能です。
盗聴器は無線を通じて電波を傍受するタイプが多いため、盗聴者は盗聴器の電波が届く範囲に潜んでいる可能性が高いためです。
たとえば、不審な車がよく停まっているというのは、家やオフィスの前に車を停め、車内で電波を傍受して盗聴している可能性が高まります。
不審車両を見つけて、内部にいる人の写真を撮影したり、車のナンバーを記録して、依頼者に知り合いか確認したり、必要に応じて警察へと情報を連携してくれます。