千葉での暮らしや仕事で気をつけたい盗聴器や盗撮器

■こんな覚えがありませんか

次のような経験をしたことがある場合、もしかしたら、千葉の住宅に盗聴器や盗撮器がつけられているかもしれません。
頻繁に空き巣に入られたり、未遂に終わったりした経験はありませんか。
自宅にいるのか、留守をしているのかが、窃盗グループに把握されているおそれがあります。
シフトによって帰宅時間がマチマチなのに自宅に帰った途端、交際相手から電話がかかってくる、電話に雑音が入るのも怪しいです。
交際相手が密かに、あなたの部屋に盗聴器をつけて帰ったかもしれません。
窓を開けると目の前やマンションの真下などに、いつも同じ車が停まっているのも危険です。
あなたの家に盗聴器をつけた人や、盗聴マニアが電波を傍受するために近隣に車を停め、車内で盗聴中かもしれません。

■不安になったら調査を依頼

もしかしたらと思ったら、早めに探偵に相談しましょう。
「まさか、家に限って」とか、「狙われる覚えがない」と軽く考えている間にも、あなたが室内で、電話で話している内容や、家族や訪れた恋人や浮気相手、友人との会話が盗聴され続けているかもしれません。
留守宅を狙って空き巣のターゲットになったり、帰宅したのを狙って押し売り営業マンがやってきたり、滞納した借金の取り立て屋がくる可能性もあります。
千葉の探偵に調査を依頼することで、室内を中心に家全体を隅々まで調査し、盗聴器や盗撮器の発見をしてくれます。

■盗聴されないよう気をつけたいこと

賃貸住宅に引っ越す際は、入居者の入れ替えにあたり、カギを交換したか確認し、万が一、交換していない場合は、新しいカギに交換してもらいましょう。
前の入居者や合い鍵を持っている関係者が、盗聴器や盗撮器を取り付けにくるかもしれません。
ドアにポストがついた住宅の場合、ドアポストを定期的にチェックしてください。
ポストから手を入れて、ポスト内に盗聴器を設置することが可能です。
引っ越したときにあったコンセントプラグや電気コードやタップなどは、そのまま使わず、処分したうえで、新しいものに交換しましょう。
プラグやコードの内部に、盗聴器や盗撮器をつけられるからです。
応募した記憶がないのに送られてきた懸賞当選品や、別れた交際相手やトラブルがあった相手などから突然送られてきたプレゼントも、気をつけましょう。
内部に、盗聴器や盗撮器が埋め込まれているかもしれません。
そのような怪しいプレゼントがある場合、探偵に相談してチェックしてもらいましょう。